pick up !
  • 函館観光のお手伝い、市民の「街」の魅力の再発見に協力できれば幸いです。
  • 小樽・札幌編ができました。
  • 函館の温泉はこちらです。→ ~温泉編~
  • 素人的な視点で★をつけます。あなたなら★いくつ?
  • 人気blogランキング←←クリックに感謝です!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高千穂峡 高千穂峡

高千穂峡


行ってきました、神話の生まれた高千穂峡。
別名、日本のグランドキャニオン。


ボートがあって、それに乗る。

ボートですれ違うときにはオールがぶつかってしまうほどに幅が狭く、滝はかなり上の方から落ちてきている。その間近まで接近できる(その気になれば滝に打たれる修行もできる)
なかなかそんな場所はないよね。
気持ちのいい場所でした。

ひとつ気になったこと。
ボート売り場でスナック菓子を売っている。
それだけならいい。でも、そのポップに
「ボートでどうぞ。魚の餌にもどうぞ。」と書いてある。魚にあげるのはどうなんだろう?まずいでしょ。川だって汚れちゃうでしょ。自然を売りにしている場所で、自然を壊すことをしちゃまずいでしょって思った。

もしかしたら、僕の見まちがいで、本当は「魚の餌にはしないでね」と書かれていたのかもしれない。そうであってほしい。


高千穂峡を訪れたのは、2度目。
最初に訪れたのは4年前。
当時愛知県に住んでいた僕は車で九州旅行へ。
ラーメン食べたり広島でお好み焼き食べたり。

そのときの高千穂峡は雨。
せっかく来たのだからと、僕も雨の中ボートに乗る。

他にもボートに乗っているお客さんがいて、その人たちは家族連れかカップル。パパや彼氏がボートを漕ぎ、ママか彼女が傘を持つという微笑ましい姿。

ところが僕は1人旅。

1人でボートに乗るのもどうかと思うのに、なおかつ雨。
オールがあるから傘は持てない。カッパも無い。しょうがないから濡れながらボートを漕ぐ。

きっとかなり淋しい姿だったと思う。


そんな思い出の場所です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。