pick up !
  • 函館観光のお手伝い、市民の「街」の魅力の再発見に協力できれば幸いです。
  • 小樽・札幌編ができました。
  • 函館の温泉はこちらです。→ ~温泉編~
  • 素人的な視点で★をつけます。あなたなら★いくつ?
  • 人気blogランキング←←クリックに感謝です!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
苺のおいしい季節ですね。
僕が以前住んでいた愛知県では今頃が苺狩りのシーズン真っ只中です。練乳持参で行く猛者もいるとかいないとか。

僕は、そのまま食べるのが好きです。

さて、
甘酸っぱい苺も甘くなる魔法
甘い苺はさらに甘くなる魔法

もしかしたら、知っているかもしれません。
以前、友達に意気揚々と説明したところ、
「そんなん知ってるよー」って返されたことがあるから。

あなたは苺を食べるとき1口で食べますか?
それとも2口以上で食べますか?

1口でパクッといっちゃう方は、この魔法は通用しません。
2口以上で食べると、この魔法は効きます。

その魔法とは・・・。
苺を食べるとき、1口目はどちら側から食べますか?

「へた」のほうから?
「先」のほうから?

おそらく、「へた」から食べると思います。
僕も以前はそうでした。

今日からは、「先」のほうから食べてみましょう。

たったこれだけで甘くなっちゃいます。
もう、「あまあま」です。

たったこれだけで、これほど効果的な魔法を僕は他にしりません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もう一つの魔法
そ れ は

「君と一緒に食べる事さ」
「でも苺より君の方がとろけるように甘いよ」
あまっ~い。あまいよ小沢さん(スピードワゴン風)
2006/03/11(Sat) 21:23 | URL  | 三平 #-[ 編集]
あま~い!
あまいよ、三平さん。

そんな会話を第三者の立場で聞いてみたいもんです。
2006/03/12(Sun) 22:02 | URL  | まさし #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。