pick up !
  • 函館観光のお手伝い、市民の「街」の魅力の再発見に協力できれば幸いです。
  • 小樽・札幌編ができました。
  • 函館の温泉はこちらです。→ ~温泉編~
  • 素人的な視点で★をつけます。あなたなら★いくつ?
  • 人気blogランキング←←クリックに感謝です!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログが、函館に来て間もない人や函館観光をしようとしている人の情報のひとつになればいい。


僕が函館に住み始めたのが今年の4月。
親戚も知り合いも友達も、友達の友達さえもいない。
不安もあったが観光地なので期待もあった。

それまでの函館に対する認識は、「いか」「夜景」「元町の教会群」だった。

住んでみると「いか」はもちろん、「海産物」がおいしい。そして安い。「やさい」「乳製品」もおいしい。

道外に住んでいれば

贅沢品の数々が

函館では身近な存在。


日本一のロープウェイ乗客数である函館山からの夜景の美しさは言葉を失うほどで何度でも足を運びたくなる。(実際、何度も行っている)

教会群をはじめとした元町・西部地区の景観は
どこを切り取ってもポストカード
になりそうだ。

他にもおいしい「ケーキ屋」おいしい「パン屋」の数が多い。人口の割合から見ると日本の中でも際立っているんじゃないだろうか?



引っ越して間もない頃、函館の情報をタウン誌「jam」を読んだり「るるぶ」、インターネットで集めた。そんな中で様々な函館ブログを目にした。

そこには、鮮度抜群でリアルな生の声が溢れていた。
そして、函館ブログで行きたいお店をチェックしてからゴハンに行く。ということも自然と増えてきた。

ブログを通じた交流もできた。

どんどん函館の魅力に惹かれていく。



ブログから函館の魅力を発見してきた。
今度は僕が素敵な街、函館を伝えていきたい。


函館歴の長い人の役にたてることは少ないかもしれないけれど、函館に来て日の浅い人や観光旅行を計画している人の役にたてればいいな。
そんな人がひとりでもいればいい。できればひとりでも多くの人に。

また、ブログを通じた交流が発展していけばいいなあとも。

そんなことを考えている。

以上

これが函館散歩道の理念。


ということで、コメント・トラックバック歓迎です。
更新頻度は低めになるかと。
よろしくお願いします。

函館に来て最初にお世話になり、いくつもの函館ブログの玄関になっていたのが、
「ブログ 函館のニュースな出来事。とか。」である。
ここが全ての源と言ってもいいくらい。
そして、ここの管理人、キトラさんからコメントが来た!

コメント、キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!

舞い上がってしまった。
キトラさんから訪ねてくれるとは・・・。
しかもリンクいいですか。だなんて。。断る理由なぞ一切ありませぬ。
うぅぅ。これで僕も函館ブロガーの仲間入りですかねぇ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
函館は、いい街だと思います!
食品、○○屋さん、まさしさんのご指摘通りだと思います。
でも、意外とそれが知られていないような気もします。
今後も楽しみにしてますね。でも、マイペースでいって下さいね。
2005/11/09(Wed) 19:32 | URL  | M #-[ 編集]
○○屋さん
>意外とそれが知られていないような気もします。
同感です。なぜなんでしょう?
市民には当たり前過ぎて、それ以外の人には情報量が少ないのでしょうか?
神戸はオシャレな街っていうイメージが多くの人にあると思いますけど、函館は住むまでそんなイメージなかったですから。住み始めてイメージは変わってきていますけれど。
2005/11/09(Wed) 23:12 | URL  | masashi #-[ 編集]
はじめまして。
来年、函館に住むことになった者です。
masashiさんのブログで
函館の予習をしていきたいなと思いました。
やはり、その街を愛している人の視点というのは、読んでいて気持ちいいです♪
よろしくお願いします。
2006/10/01(Sun) 19:55 | URL  | aki #FvLIUmYM[ 編集]
はじめまして。
akiさん、
予習のお役に立てると嬉しいです。他にも函館のブログはいくつもあるのでそっちのほうが濃い予習になるかもしれませんよ。
よろしくお願いします。
2006/10/06(Fri) 00:50 | URL  | まさし #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 今日、仕事で運転中の出来事。前を走る車には、明らかに定員オーバーと思われる5~6人の子供が見える。1人の子供が、恥ずかしげに我に向かって、小さく手を振った。我も手を振り返す。すぐに全体に波及して5~6人の子供みんなが、ニコニコとして手を振り始めた。我..
2005/11/09(Wed) 19:35:12 |  我的勝手日記 ~フツーのサラリーマンが思うこと~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。