pick up !
  • 函館観光のお手伝い、市民の「街」の魅力の再発見に協力できれば幸いです。
  • 小樽・札幌編ができました。
  • 函館の温泉はこちらです。→ ~温泉編~
  • 素人的な視点で★をつけます。あなたなら★いくつ?
  • 人気blogランキング←←クリックに感謝です!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
函館に来てから耳にすることが多くなった言葉。

「お互いさま」

道外から道内へ引っ越して来た人ならわかってくれるかなあ。
よく聞くと思う。

特に冬。

車がわだちにはまったり、雪の壁につっこんでしまったり。
そんなとき、どこからともなく人が集まってきてくれる。
ある人はスコップを手に。
ある人はロープを手に。

そして、助けた後は、さぁーっと帰っていく。
「お互いさまだから。」
という言葉を残して。

この、「お互いさま」という言葉は、
厳しい自然と共生するためには助け合うことが求められる北国ならではの感覚なのかな。
様々な地域からの移民で作られている北海道特有の文化なのかもしれない。

こうして、「お互いさま」のリレーは続いていく。
次の人へ、次の人へ。

こんな文化はいつまでも残ってほしいな。残したいな。

以下の文章は、とあるブログで紹介されていたものです。


この話は、北海道新聞に投書された話でもあります。

北海道のある町での話しです。

ある人が、乗車券を買って電車に乗ろうとした時に、財布がないことに
気づいたそうです。
そして駅員さんに「明日、支払いに行きますから、今日は乗せて下さい」
と頼んだそうですが、駅員さんは許してくれなかったとのこと。

すると、横にいた中年男性が、回数券をくれたそうです。

その中年男性に、お礼をしたいからと言って住所を尋ねたところ、教えて
くれなかったそうです。
「どうして教えてくれないのですか?」と質問すると、その中年男性は、
こう答えたそうです。

「実は、私もあなたと同じ目にあって、そばにいた女子高生にお金を出し
てもらったんです。お礼をしたいので住所を聞こうとしたら、こう言った
のです。
『おじさん、それは返してくれなくてけっこうです。おじさんが、お礼だ
といって私に返したら、私とおじさんだけの親切のやりとりになってしま
います。もし、私に返す気持ちがあるのでしたら、同じように困った人を
見かけたら、その人を助けてあげてください。そして、またその人にも、
困った人を助けるように教えてあげてください。そしたら、私の1つの親
切が、ずっと輪になって北海道中に広がります。そうするのが、私は一番
うれしいんです。』 と、私に話してくれたのです。」
(〔心ゆたかに生きる〕 林 覚乗 著、西日本新聞社 より)



これは、まさに映画「ペイ・フォワード」の話にそっくりです。

映画ペイ・フォワードの中で、11歳の少年トレバーは、社会科の教師に
「もし君たちが、世界を変えたいと思ったら、何をする?」と問われます。



トレバーが考えた末に思いついたのは、ペイ・フォワード(=次に渡そう)。
つまり、他人から受けた親切を、周りの人たちに贈っていくというものでし
た。

トレバーは、他人から受けた厚意をその相手に返すのではなく、新たな3人
の人にリレーしていくことを提案します。
そして、その輪が広がって、心に傷を持った周囲の大人たちを癒していき、
ついには世界に広がっていくのです、



さて、先ほどの北海道の女子高生は、映画「ペイ・フォワード」を見ていたの
でしょうか?

答えは「ノー」です。

なぜなら、映画ペイ・フォワードが制作されたのは2000年。
上記の話が紹介されている本「心ゆたかに生きる」は、1997年に発行されて
いるからです。



ペイ・フォワードのトレバー少年と同じアイデアを実行していた高校生が、
日本にいたんですね。


という話。
いい話ですよね。
僕も、「お互いさま」のペイ・フォワードをしていこう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
朝から、心洗われました。
この気持ち、大切にしたいですね。
2006/02/07(Tue) 07:46 | URL  | M #-[ 編集]
とても素敵なお話ですね(*^^*)
ありがとうございます♪
2006/02/07(Tue) 11:02 | URL  | ひよこ #bBmFigmc[ 編集]
かの高校生のように、ちゃんと意志を伝えられる人って尊敬しちゃいます。照れちゃって「いいです」かなんか言葉を濁したら気持ちは繋がらなかったかも。気持ちを言葉にするって大切ですね♪
2006/02/07(Tue) 22:37 | URL  | タムタム #-[ 編集]
Mさん、ひよこさん、タムタムさん、
共感してもらえて嬉しいです。
2006/02/07(Tue) 23:53 | URL  | まさし #-[ 編集]
いいお話ですね。
わすれません。
2006/02/10(Fri) 00:09 | URL  | なおせん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。