pick up !
  • 函館観光のお手伝い、市民の「街」の魅力の再発見に協力できれば幸いです。
  • 小樽・札幌編ができました。
  • 函館の温泉はこちらです。→ ~温泉編~
  • 素人的な視点で★をつけます。あなたなら★いくつ?
  • 人気blogランキング←←クリックに感謝です!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豚まん 豚まん

雑誌 BRUTUS(ブルータス)の
日本一のてみやげはどれだ!?中華まん部門、グランプリ。

という豚まん。


お店で買ったら、冷凍品をレンジでチンしたのを渡される。

え?

こんなんでいいの???


できたてが食べたかったよ。


長崎ぶたまん桃太呂
スポンサーサイト
日本一おいしい!
福砂屋 福砂屋

僕の中で、日本一のカステラ。
それは、福砂屋のカステラ
ザラメがたまらない。

今回は、本店に足を運ぶ。

なんと、本店限定のカステラが置いてある。
福砂屋


グラバー園に行って、近くのおみやげ屋さんやカステラ屋さんでいくつも試食する。
試食するたびに福砂屋のおいしさが際立っていく。


福砂屋

ムービー「福砂屋のカステラづくり」は一見の価値有り。
博多ラーメンの老舗、一蘭
一蘭


キャナルシティ店では、どんぶりが重箱。
フタをパカッと開けるとラーメンとご対面。

隣の席との間に仕切り、目の前にはのれん。という、味集中カウンターという一蘭独自のシステムにより、ラーメンに没頭。

細め・硬めの麺がいい。北海道のとは違うおいしさ。



替え玉。チャルメラの音楽が鳴り、やってくる。
一蘭



しつこさがないから飽きが来ない。また食べたくなっちゃう。

一蘭
一蘭

福岡タワーのライトアップ。

僕が行ったときはピンク色にライトアップ。

このときは知らなかったけれど、期間限定だったみたい。ニュースで知った。

福岡タワー


なぜピンク色だったのか?

それは、乳がん防止キャンペーンのピンクリボン活動の一環だったようだ。



いつもは何色なんだろう。
ひとつの区切りがついた散歩道。
僕の中ですっきりとしたところで新しいはじまりです。
函館の街をどんどん好きになっていく自分がいた。

街の大きさも程よくて、そういうところも好きだった。


街に住んでみて、好きになれるかどうかは、人それぞれだと思う。函館は全ての人が好きになれる街ではないかもしれない。


すべてを兼ね備えている人がいないように、すべてを兼ね備えている街なんて存在しないですよね?


個性が強いと「好き」と「嫌い」の振れ幅が大きくなる。

振れ幅が小さければ、可もなく不可もなく。


函館は、振れ幅の大きい街なんじゃないかなあ。

僕にとっての函館は、ほんとに素敵な街です。



函館で出会った人々、おいしい食べ物。

函館で過ごした時間、経験。

これらは僕の財産だ。



函館での生活は、嬉しいことも辛いことも多かった。

嬉しいことと辛いことの振れ幅も大きかった。

振れ幅が大きいほど心も敏感になり、心の奥に深く染み入ってきた。



函館を引っ越すことになりそうだと感じ始めたころ、他の人が3年かけて楽しむところを、僕は1年で楽しもう!味わおう!と決めた。

楽しもう!と決めると、不思議なもので、楽しいことをキャッチするアンテナの感度が高まった。

楽しい毎日。

ブログを書くことはアンテナの感度を高めてくれた。
何気ない日常への気付き力が高まったと思う。


ブログを通じて巡り会えた人々はオンライン・オフラインに関わらず、多くを与えてくれた。それは、情報であったり、情であったり。

巡り会えた喜びが大きいぶんだけ、別れの淋しさも大きくなる。


その淋しさが強いから、函館を離れてからもブログを続けてきた。

けれど、もう終わり。


函館の情報として、いくらかはお役に立てたんじゃないかなぁ。


ブログ設立当初の目的は達成できたものと思っています。




もう、函館散歩道を続けるネタがなくなってしまいました。

からっぽです。




すべての出会いに別れがある。
すべての始まりに終わりがある。

これにて、函館散歩道は終わります。
今までありがとうございました。





これまでの軌跡
記事数・・・・・・・303
アクセス数・・・83703







さて、
【続きを読む】
1年弱続いた、この【函館散歩道】ですが、これで終了します。

ためにため込んでいた記事のストックがなくなりました。

まずは、お知らせです。






ブログを通じて多くの出会いと発見があったことを嬉しく思います。


これまで、ありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。