pick up !
  • 函館観光のお手伝い、市民の「街」の魅力の再発見に協力できれば幸いです。
  • 小樽・札幌編ができました。
  • 函館の温泉はこちらです。→ ~温泉編~
  • 素人的な視点で★をつけます。あなたなら★いくつ?
  • 人気blogランキング←←クリックに感謝です!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年はこれで終わります。

書きたいことはまだまだあるけれど、時間がとれないまま。

また来年よろしくお願いします。

来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
5


12月って「あっという間」だなー。
ツリーが飾られて4週間経ったんだー。


ツリーの灯りが消えていく。

【続きを読む】
ホワイトクリスマスですね。

唐突ですが、3日ほどお休みします。

クリスマスといえばケーキですよね。
今年はどんなケーキを食べますか?
【続きを読む】
チキンカレー

★★★★★

よしだ


1辛
辛さ好きには物足りないだろうし、1辛じゃ、おいしさは出てこないよ。なんて声も聞こえてきそうだけど、僕にとっては十分な辛さ。きっと3辛くらいになると辛すぎて味わうどころじゃないと思われる。

ちなみにシーフードはスープがおいしい。旨み十分。
チキンと食べ比べたときに、これほどまで味が違うと思わなかった(失礼)ので驚いた。

人気も納得。


おまけ
ウインドーショー
【続きを読む】
★★★★★

大正湯



弥生町
14:30~21:30
木曜定休
牛乳/メグミルク

店主曰く、「大正2年か3年創業。」なので創業92年か93年。



今日は、ゆず湯。
冬至は明日だけど明日は定休日なので前倒し。
ゆず湯

「冬至」と「湯治(とうじ)」をかけてたんだ。知らなかった。「ゆず」で「融通」がききますように。といった願掛けの意味もあったんだね。これまた知らなかった。
昔の日本人は言葉を大切にしながら遊び心満点。おもしろい。


がらがらと引き戸を開けると番台。番台、脱衣所、浴場と続いている。
【続きを読む】
本日、1日のアクセス数が200を越えました。
今日見てくれた人、今まで見てくれた人、これから見るだろう人やこれからも見てくれる人、ありがとうございます。

多くの人に見てもらえるのは励みになります。
函館の魅力発見、再発見に貢献できていると嬉しいです。
★★★★★


お湯からあがってビックリ!

ちっとも湯冷めしない。
肌がすべすべ。陣川温泉と同じ感覚。

上がった後に、ぽかぽかしてる状態がどのくらい続くか。
これが大きなポイント。
★★★★☆

シュウェット・カカオ


ここに来るとやっぱりチョコ系をチョイスしたくなる。

ちなみに人気ナンバー1は生チョコロールとのこと。





おまけ
ウインドーショー
【続きを読む】
★★★☆☆

五島軒


こういうのを見たり食べたりするとクリスマス気分が高まる。
クリスマスの味がする。

クリスマスにはイチゴショートがよく似合う。
Pain屋(ぱんや)

★★★★☆

Pain屋



宝来町にある。JALシティ並び
今年の夏にオープン。七飯の「こなひき小屋」の支店。
イートイン(テーブルひとつだったかな?)もできる。
2階のカフェ(別店舗)はパン持込OK!

僕が行くときだけなのか、いつもそうなのかわからないけれど、いつも行列。
そして僕が店内に入る頃にはパンの数が減っている。売り切れパン続出。
人気のパン屋さん。

仕事で函館に来る人たちの間でも、ここのパンはおいしいと評判になっているらしい。

☆ 酔族館日記」によると、ここのパンはドイツパンとのこと。
Bランチ  1400円

★★★☆☆

住所/宝来町10-11
電話/0138-23-0422
時間/11:00~20:30(ラストオーダー)
水曜定休


あさり  店内

ランチ  あつあつコロッケ

スキヤキ  いただきま~す

すきやきの老舗であり、コロッケで有名な阿佐利。
ランチは1200円と1400円の2種類。
メニュー



おいしいけれど、座った場所とタイミングが良くなかった。
静かな店内に、他のテーブルの会話が響き渡る。会話が悪いわけじゃない。そういった環境が・・・。ふすまを閉めてくださいと言えれば良かったんだけど。
ふすま越しに従業員のやりとりが筒抜け。違う席に座ればよかったなー。




チョコケーキ

★★★☆☆

龍栄堂 龍栄堂


なつかしい味がする。
子どもの頃に家族で買い物に行き、たまに買ってもらったケーキの味。
あの頃の、家に帰るまでのドキドキやワクワク、ときめきを思い出す。

和菓子もおいしそうだったなー。次は和菓子狙いだ。
マリア像


このあたりの道路がツルツルで歩くのも大変だけど、夏より人が少なくて、ゆっくり見るにはいいかも。
ここは静寂が似合う場所なわけだし。

売店にはココでしか買えない飴なんかも置いてある。
もうすぐさよなら五稜郭タワー


展望台から見た五稜郭

タワーからの五稜郭

ホントに星型してるんだ。


函館の夜景

タワーからの夜景

夜景なら何度も見ているけれど、ここから見る夜景は当たり前だけど景色が違う。新鮮。


新発見!
・五稜郭の堀の氷を関東・関西・中国地方まで売っていた。
 氷を切って運んで。重労働だよなー。それよりも、ここの氷を売ろうという発想力がすごいと思う。

・五稜郭は日本にもうひとつあった!(長野)ここは五稜郭の中に小学校がある。

・世界中には五稜郭どころか、二十五稜郭がある!
 驚いたー!!ヨーロッパのお城ってこんなんだったのかな?正確な数はわからないけど、角がいくつもある。

・お客さんが少ない。ちょっと淋しい。だけど、そのぶん五稜郭を独占できるってことでもある。うまくいけば貸切!

おまけ(しょーもないこと書いちゃいました。読まないほうがいいよ。)
【続きを読む】
前回に続いて。今度は昼。

★★★★★

教会群



この景色は、いつまでも残り続けてほしいな。

左から、
・元町カトリック教会
・ハリストス正教会
・聖ヨハネ教会


おまけ
【続きを読む】
とんこつしお

★★★★★

とんこつしお


この味は好みの味。
一文字では塩と味噌も食べたけれど、この「とんこつしお」が僕の中では大ヒット!
ハートを射抜かれた感覚。

スープを飲み干した人には、店主からのメッセージもあるよ。

一文字外観


函館市湯川町2-1-3 漁火通り沿い 
TEL0138-57-8934
営業時間/11:00~翌1:00o.s. 休日/木曜
HPはコチラ
いつも車で走る道がある。
少し傾斜のついた交差点。
行く手を阻む赤信号。
赤から青へ、静から動へ。

しかし・・・

アクセル踏めども車は進まず。
アクセル調整、再挑戦。
それでもやっぱり車は進まず。
後続車には追い抜かれ、気持ちとタイヤが空回り。

そして青から黄色へ。黄色から赤へ。
進んだ距離は40センチ、停止線さえ越えられず。

よりによってここは3差路。待ち時間の長いこと長いこと。
そして再び赤から青へ。
2度目の挑戦。
それでもやっぱり車は進まず。
気持ちとタイヤが空回り。
いつの間にやら赤信号。
同じ交差点で3回目の信号待ち。

3度目の挑戦、ついに脱出。



【続きを読む】
ジャガイモのニョッキチーズグラタン  850円

★★★☆☆

ボーダー ボーダー外観

店内には小さめのストーブが置いてあり、見ているだけで暖まる。
天井にサンタクロース発見!
サンタとストーブ


場所/十字街の交差点付近。水道局の裏あたり。
★★★★☆

北美原


住所/函館市北美原1-18-16
TEL/0138-47-2666
営業時間/5:00~8:00・12:00~24:00
牛乳/鈴木牧場牛乳



清潔感があっていい。(1日2回浴槽清掃中!)
露天風呂はすっきりしたラインとライト、半月型の浴槽。そして打たせ湯。
ほどよく空が見える造りなのも嬉しい。
白い雪はひんやりしていていい気持ち。

源泉が飲めるってものウリのひとつらしい。
僕は、外観のオシャレさが好き。
人が少ないのもあり、広々としている。

お湯は、さらりとしているけれど、高温湯だとじわ~っと染みこんでくるように感じる。



看板 成分表 スズボク




おまけ
【続きを読む】
★★★★☆

ドゥ・エ・タンドゥル


350円

あま~い。けれど甘すぎることもなく。おいしい!



ドゥ・エ・タンドゥル


ドゥ・エ・タンドゥル
亀田郡七飯町鳴川169-2  国道5号線沿い
0138-65-0808


masashi 「おすすめはどれですか?」
店員さん「おすすめは、もう売り切れてしましました。」

あららららぁ~。残念。

ということで、このケーキになったわけ。だけど、このケーキはおいしいし、クリスマスケーキとしても販売するとのこと。

おすすめは、コレ以上なのか??
おすすめって何だったんだろう・・・。
また行かなくちゃ。
★★★★★

すべすべ感がたまらない。
帰り道に見える裏夜景がこれまた素敵。
元町教会群

空港2階のギャラリーには行きましたか?
函館の観光名所の写真と発掘された縄文土器とその説明があるところ。
そこで、教会群の写真を見た。
・ハリストス正教会
・聖ヨハネ教会
・カトリック元町教会
の3つが同時に写っている写真を見た。(空港で見た記憶だけど違っていたらごめんなさい。)

3つとも見れる場所があるとは思っていなかった僕には衝撃的だった。

で、探してみた。


そして、見つけた。


教会群


暗くてカトリック元町教会は写っていないけれど、肉眼では見えたんです。
こうした景色を大切にしたいな~と思いながらツルツルの坂道を散歩した。


空港には最近、オブジェが登場。
たしか、函館出身で今は外国で暮らしているアーティストの作品だったような・・・。
空港オブジェ


おまけ
【続きを読む】
雪道


こうして眺めているときれいだ。
そこかしこの家庭のクリスマスイルミネーションも雪の白さ、街灯のオレンジ色との相乗効果でとてもきれい。

だけど、運転はこわい。
ブレーキかけてもなかなか止まれない。
これは、車間距離を開けることで今のところは大丈夫。

発進がひと苦労。
キュルキュルうめくけれど、進まず。
後続車がいたりすると、それがプレッシャーとなり焦るばかり。

なんかコツでもあるのかな。

免許取りたての頃よりも慎重に運転している。
Colz
Aランチ 

★★★★★

本町ベルクラシックの道路を挟んだ向かい 細い道を入る
月曜定休 火曜のランチはお休み
ランチタイム 12:00~13:30ラストオーダー

素材へのこだわりを感じさせるかのように、メニューには「○○産」というのが多くある。

Colz ラーコンのサラダ
食べ応えのあるサラダ。おいしそうでしょ?

キャベツと鶏むね肉のバジル

何種類もあるパスタから選べる。
これは、キャベツと鶏むね肉のバジル。
オイルがさっぱりしていておいしい。

メレンゲ エスプレッソのパンナコッタとココナッツのプリン
デザートの前に出されるメレンゲが、おまけっぽくて嬉しい。ひとくちでパクッと。う~ん、幸せ。
デザートはエスプレッソのパンナコッタとココナッツのプリン。
これに、ドリンクとパンがついている。


デザートは、僕のところには隣のテーブルとは違うものが出てきた。
なんと、ふたりで行けば2種類出てくる。
Aさん「これ、おいしー♪」
Bさん「こっちもおいしいよ。」
Aさん「ひとくちちょうだい!」
Bさん「うん、いいよ。Aさんのもひとくちもらうね。」


AさんBさん「ホントだー!こっちもおいしいね」

という楽しい会話が展開される。
どんなデザートが出てくるかは、お楽しみ。

クリスマスディナーはこんな感じ。クリックすると大きくなります。
 ↓ ↓
クリスマスディナー


ここのシェフの人柄が好き。
厨房からちょこっと顔を出しておじぎする。
大きな体を何度もペコリ。ハニカミ笑顔。
そして2~3言葉を交わす。
柔らかい口調。
多くの人に愛されている秘密はここにもありそうだ。

すぐに満席になるようで、この日も食べれず帰っていった人もいた。
名前わからず・・・

★★★★★

プティ メルヴィーユ


メルチーズで有名なプティ メルヴィーユ

スポンジしっとり、クリームふわふわ。
おいしい。
ストロベリーとブルーベリーの他にもスポンジの中にオレンジが入っているから甘すぎない。
甘いのにさっぱりしている♪

見ているだけで笑顔になれるおいしさ。

店名のプティ メルヴィーユとは、フランス語で「ささやかな感動」という意味。(HPより)
なんともオシャレなネーミング。


クリスマスケーキ
もいろいろあるみたい。
e-HAKODATEってどんなところ? → こんなところです。

僕は、e-HAKODATEで裏夜景というものの存在を知りました。
そんなもんあるんだー!ってかなり驚きましたよ。
そして、その地図を頼りに裏夜景を見に行き、函館山とは違う良さを感じて、すっかり気に入ってしまいました。

このように、函館の魅力を教えてくれたe-HAKODATE。
なんと、ここで「函館散歩道」が紹介されましたー!!パチパチパチ!


紹介されている中で、僕の写真だけ寂しい。
他の2つはとってもキレイ。

もうすぐクリスマス。
ケーキはどうしよう。。
チーズプリン 120円  六花亭五稜郭店

★★★★★

チーズプリン


僕が函館に来て、最初にハマったのがコレ!

六花亭のチーズプリン。文句なしの5つ星

濃いぃチーズにシロップの組み合わせ。絶妙!
それなのに安い!
コストパフォーマンス賞だ!(今、作りました)

でも、六花亭って帯広の会社だし、札幌に行けばジャスコの中でも買えたし、函館とはあまり関係なかったりして。。。

函館散歩道のわき道ということで。。。

これ、好きです。
おみやげに持って行きたいんだけど、賞味期限が短い。だから空港でも扱っていないんだろうけれど。

道外の人たちはみんな感動しながら食べていましたよ。
僕が聞いた中ではハズレの声を聞いていません。

木はら

★★★★★

丼




海鮮茶碗蒸し
これから開けま~す。
ビフォー

えいっ!
アフター

こりゃおいしそうだー!

噂どおりにおいしいお寿司だ。

道外からやってきた大切なお客さんも喜んでくれた。
めでたしめでたし。
大船温泉 下の湯 200円  上の湯の記事はコチラ

★★★★★

秘湯中の秘湯。
看板などは一切ない。

あるという噂を聞いて探してみたが、道に迷いぐるぐるしてしまった。
しかし、行ってみれば地元のおじさんたちが次々とくるようなところだった。
漁師さん同士の会話は方言のオンパレードで理解すのるのが困難。函館の人ならわかるのかな?
地域密着型の温泉。

上の湯と同じように乳白色。
浴槽は3~4人が入れるくらい。
洗い場は2人といったところ。
洗面器はあっても水道がない。湯船のお湯を使う。
上がってからも、体はずっとポカポカしたまま。

こじんまりとしていていい。
隠れ家的なお店や個室のある飲食店が好きな人なら気に入るだろう。
露天はないけど、僕は好き。

下の湯の近くの風景
下の湯

ツリーコンテスト開催中。

ツリーコンテスト


僕のお気に入りはこれ。
製作者は忘れてしまった。。。
ツリーなんてだいたい同じになるもんだと思っていたけれど、
よく見ると同じのはひとつとしてなかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。